^^

砂糖中毒から抜け出す日々の記録です^^

エルレの「風の日」が辛い時にむしょーにむしょーに聞きたくなるよー

歌の中の、

「Hey I'm on yourside 」

ってフレーズがすごく好きで。

「僕は君の味方だよ」って意味だよね?

すごくシンプルだけど、

なんか安心するフレーズだなあって

この曲に出会ったばかりの中学生の頃は

そう思って、

辛くなったときはたくさん聞いてたなあ。


10年以上前ですな。

懐かしいです。(๑¯ω¯๑)


もちろん、今も聞いてるんだけどさ!!!


何があっても味方でいてくれる人がいるってきっとすごく心強いだろうなあ。

たぶん、大半の人は、親がそういう存在なんだろうけど

私の親は、、、

私のことが好きだし、大切に思ってくれてるんだろうけど、

子供を自分の思い通りにしようとしてくるからさ。。

親に限らず、誰しも大切な人を

自分の思い通りにコントロールしたい、
自分の望む行動をしてほしい

って願望がどこかにあるのかもしれないけど、

そんな勝手な願望よりも、

大切な人の気持ちを尊重することを

何よりも優先するべきことだと思うし、


私の親はそれが出来ないので、

あんまり「何があっても、親は私の味方だ!」って安心できないので笑

だから、私の思う「味方」に親は当てはまらない。笑

愛着障害の観点からいうと、

味方は安全基地と同じだと思うんだけど、

振り返ると、

この人は信じられるなあって安全基地のように思える人がいるっちゃいるので、

そういう人に出会えただけでも

幸せだよねえ、と思います。


最近ね。